お知らせ

投稿日:2022年8月27日

外部試験器

こんにちは、今日はマンションでの消防設備点検です。

共同住宅の場合、各個室毎の防火区画や耐火性能等の必要条件が揃っている場合、自動火災報知設備ではなく住戸用火災警報器が設置されている場合があります。

簡単に言いますと条件を満たしていれば住宅内は少し基準を緩和した設備で大丈夫と言う事です。

自動火災報知設備の場合、一部屋ずつ入室して居室内全て、押入れまで入って試験しなければいけませんが、この設備の場合、インターホンの所に専用の試験器を接続して試験が可能です

画像の様な機械を接続して住宅内の火災感知器の状態を確認出来る為、入室の必要が無いのです。

うちの部屋全然火災報知器の点検に来ないなーと思った方はこういった場合があります。

皆様、ご自にどういった警報器が設置してあるか一度確認してみてくださいねー

防災について

愛知県名古屋市での消防設備点検・防災はキムラ防災コンサルタントへ
キムラ防災コンサルタント
〒452-0917
愛知県清須市西堀江1442-2
TEL:090-6465-1768
※防災設備以外の営業電話はお断りします。

お知らせ

関連記事

タワマン火災

タワマン火災

先日タワマンの一室で火災があったとニュースで流れていましたねー 住人の方がベランダがら心配そうにのぞ …

なぜ必要?火災報知器の点検

なぜ必要?火災報知器の点検

火災報知器には点検が必要だということをご存じの方は多くいらっしゃるかと思います。 では、点検が必要な …

熊野本宮大社

熊野本宮大社

私毎年初詣では和歌山県の熊野本宮大社へいつも行きます。 何故かと申しますと占い師さんに貴方に合ってる …

お問い合わせ  防災について